ヘルニアの悩みから脱出しよう|治療を受けて痛みをなくす

病棟

病気の概要と必要な治療法

女性

古代から知られていた病

リウマチという病気の歴史は古く、紀元前4世紀のギリシャ時代、ヒポクラテスの文献にその記載があります。リウマチとは「流れるもの」を意味し、全身のあちらこちらの関節に痛みが流れる事が表現されています。医療が発達した現代でも、その原因は不明であり、かつては難病として知られていましたが、最近になってようやく新薬の開発などにより希望の光が見えてきた病であります。現在日本には約60〜70万人の患者がいるといわれ、女性と男性では女性の患者が男性より4〜5倍多いのが特徴で、その多くは主に30〜50代にかけて発症しています。リウマチの初期の段階では何となく身体がだるい、とか、疲れやすい、微熱が出るなどの症状が現れたりします。これはリウマチが単なる関節の病気ではなく、全身の病気であるということを物語っています。

治療に適したエリアとは

リウマチの最大の特徴は関節が痛むということですが、このため日常生活においては関節への負担を極力減らすことが大事になります。日常生活では歩行という動作は欠かせないものですが、階段の上り下りなどの痛みは患者さんにしか分からないものです。その点、平坦地が多く坂道が少ない世田谷などのようなエリアは、余計な負荷を膝関節に掛けることが少ないといえます。また、世田谷のような都会の街には先端治療施設を完備した大学病院や総合病院、リウマチ治療の名医と呼ばれる医師が経営する個人クリニックなど、リウマチ外来や専門医院も集中しているため、治療環境は良好といえます。ある程度リウマチの症状が進行してしまうと定期的な通院が困難になるため、在宅治療の必要性が出てきます。世田谷は医療施設やサービスが充実しているエリアなので、かかりつけの医療機関に往診を依頼したり、保健所、世田谷区の健康福祉センターに相談したりするのが良いでしょう。関節の可動性を落とさないためには定期的なリハビリテーションが必要ですが、通院でのリハビリが出来ない場合は区の訪問リハビリ事業などを活用してみるのも良いでしょう。

Copyright© 2016 ヘルニアの悩みから脱出しよう|治療を受けて痛みをなくす All Rights Reserved.