ヘルニアの悩みから脱出しよう|治療を受けて痛みをなくす

医者

期待される治療方法

看護師

自分の体を守る免疫を利用してがん細胞を抑え込む免疫療法が手術療法、化学療法、放射線療法と並行して行われることがあります。そのほとんどが自由診療に該当する治療方法で、その費用も多額になることがあります。副作用が少なく体の負担が少ない治療方法です。

この記事を読む

大事に至らないための策

病院

狭心症の治療を受ければ、心筋梗塞を予防することができます。なぜなら、狭心症は心筋梗塞の前兆だからです。そして、心筋梗塞と狭心症、共に原因となるのが動脈硬化です。動脈硬化は痛み等がないので自分では自覚できませんから、医療機関で検査を受け、予防や改善に努めるべきです。

この記事を読む

病気の概要と必要な治療法

女性

病気と言ってもたくさんあり、中でも難病としてあるのがリウマチなどがあります。これでは関節などに痛みが走る病気なため生活に支障をきたします。そのため、効き目ある新薬の情報を把握しましよう。

この記事を読む

腰を守ろう

医者

腰を守る為にできること

私は30年以上飲食店で働いていますが、10年目あたりでゴミ箱を持ち上げようとして時に腰がぐきっとなりまして、全く動けなくなりました。その日はなんとか仕事を終え、次の日に病院に直行し、MRIで精密検査を受けました。いわゆるギックリ腰かと思いきや、お医者さんによると椎間板ヘルニアと診断されました。大昔の学生の頃に運動部に所属していましたが、その際に実は腰を強打しており、当時は若さゆえに腰周りの筋肉でカバーしており、ヘルニアの痛みがなかったようですが、年齢とともに徐々に筋力が落ち、ヘルニアとなって現れてきたようです。ヘルニアの人がとにかく気をつけることは絶対に腕の力だけで重いものを持ち上げないこと、普段からストレッチなどをして腰が固まらないように注意しておくことだと思います。また、運動をするといってもあまりにも激しい運動をすると逆効果です。さらに普段からぬるま湯のお風呂にだいたい1時間程度漬かることを習慣付けるのも良いでしょう。

医療、企業にできること

ヘルニアになる人はこれからも増えていくでしょう。なぜならこれだけ高齢社会になり、介護で人を持ち上げたり、運んだりすることをしなければいけない人が、必然的に増えてくるからです。特に介護の仕事では、何度も前かがみの姿勢を繰り返さなければなりません。人間の腰から上の重さは体重の約60パーセントほどになります。その重みプラス要介護者の体重分、という大変な重さが介護士の腰の前方にかかってしまうわけです。今現在においても、腰痛やヘルニアによって介護の仕事を辞めないといけない状態になる人が多いそうです。こうなってくると、しっかりした治療法、対策がないと、今後の日本の高齢者社会にとっては大問題であります。ヘルニアの治療は医療技術の進歩とともにパワースーツなどのロボットの進展も期待したいところです。いま現時点では、症状がまだ悪くなければ保存療法、悪化していたら手術といった流れになっています。手術といっても様々な方法があるので、それによって治療費用が異なっています。さらに薬で痛みを緩和する薬物療法もあるので、日常生活でいろいろとケアもしながら、治療を医師に相談しながら進めていきましょう。

Copyright© 2016 ヘルニアの悩みから脱出しよう|治療を受けて痛みをなくす All Rights Reserved.